OCNモバイルONEの格安SIMには3日間の通信制限がある?

日常的にyoutubeで動画を観たり、容量の大きいい写真をインスタグラムにアップロード&ダウンロードしたりしていると、あっという間にたくさんの通信容量を使ってしまうことってありますよね。

そんなとき、心配になるのがいわゆる”3日間の通信制限”。

OCNモバイルONEでは、短期間で通信容量を使い過ぎたユーザーに対し通信制限をかけているのでしょうか?

3日間の通信制限とは?

既定のデータ通信量を3日間で消費したユーザーに対し、通信会社が制限をかけることを通称”3日間の通信制限”といいます。通信網を流れるデータ容量を調整するのが目的です。

格安SIM会社では、IIJmioやmineo、DMMmobileなどが”3日間の通信制限”を設けています。3日間で一定量を超えるデータ通信を行ったユーザーに対し、速度を低速化するという制限内容です。

OCNモバイルONEには3日間の通信制限はある?

OCNモバイルONEはどうかというと、ズバリ、”3日間の通信制限”なしです。

OCNモバイルONEのユーザーは、契約容量内であれば、短期間で多くの通信量を消費しても速度を制限されることはありません。

もちろん、契約容量を超えた場合は、200kbpsまで低速化の制限を受けますよ。1日単位の料金プランであれば翌日に、月単位の料金プランであれば翌月に高速通信が復活しますが。

OCNモバイルONEではデータ容量を追加できる

万が一、契約している容量以上のパケットを使ってしまったら、翌日または翌月に復活するまで低速化したまま我慢するしかないの?と思う方もいらっしゃるでしょう。その点はご安心ください。随時リアルタイムで、容量を追加することができます。

OCNモバイルONEの容量追加オプションを利用しますよ。

料金は1回あたり500円。

追加容量は、

  • 1日単位の料金プラン:当日限り無制限
  • 月単位の料金プラン:0.5GB

です。

OCNモバイルONEの専用アプリから簡単に容量を追加できます。

ターボ機能や無料WI-FIスポットを上手に利用しよう

通信料金を節約したい方には、ターボ機能や無料WI-FIスポットをうまく利用しましょう。

まず、ターボ機能から説明しますね。

ターボ機能は高速通信と低速通信を切り替えられる機能です。ターボ機能”ON”で高速通信262.5Mbps、”OFF”で低速通信200kbpsとなります。ユーザーとしてのメリットは、ターボ機能がOFFの状態の時は、通信容量を消費しないことです。つまり、インターネット使い放題となります。速度は低速化するものの、メッセージアプリ、通常画質のyoutube動画やラジオ放送、IP電話などであれば問題なく使えます。

つづいて、無料WI-FIについて。

無料インターネットに接続する手段として、無料WI-FIスポットも活用できます。OCNモバイルONEの無料WI-FIスポットは大変充実しています。その数なんと、83,000ポイント。カフェやコンビニなど、普段使いできそうな場所がエリアとなっています。

いずれも簡単な設定で利用できますよ。

まとめ

OCNモバイルONEは3日の通信制限を設けていません。ユーザーは契約容量内であれば制限を受けずにインターネットを楽しめます。必要に応じて、容量を追加することも可能です。できるだけ節約しながら使いたい方は、ターボ機能や無料WI-FIスポットを上手に利用しましょう。

関連記事

OCNモバイルONEのSIMカードでテザリングはできる?

OCNモバイルONEの無料Wi-Fiはコスパ良し!他MVNOとの比較や使い方徹底攻略

ラジオ英会話をスマホで聴くなら格安sim「OCNモバイルONE」がおすすめ!

OCNモバイルONEは初めての格安SIMでも安心です♪


★申し込みから開通までの手順はこちらをどうぞ

音声対応SIMカード申込み手順
データ専用SIM・SMS付きSIMカード申込み手順

最終更新日:2017.05.01