OCNモバイルONEの格安SIMをiPhoneで使える?3ステップで簡単チェック!

日本は世界でも稀にみるiPhoneユーザーの多い国です。世界的にはandroidの方がメジャーなのですけどね。日本だけがナゼこんなにもiPhoneユーザーが多いのか、理由はよくわかりませんが(高額な端末でも購入できるからなのか、日本人特有の右に倣えの精神のせいなのかは不明ですが)、いずれにしてもアップル社にしてみれば日本市場は見過ごせない大事な市場であることは間違いがありません。

さて、このページをご覧になっている方も例にもれずiPhoneユーザーの方ですよね☆

お持ちのiPhone端末がOCNモバイルONEで使えるかどうか、3つのステップで紹介します。検討中の方は事前に必ずチェックしておきましょう。

OCNモバイルONE

ステップ1 「動作確認済み端末一覧」をチェックしよう!

ご自分の端末でOCNモバイルONEの格安simを利用できるかどうか、まずはOCNモバイルONEの「動作確認済み端末一覧」でチェックします。すでにチェック済みの方も念のため。

動作確認済み端末一覧

一覧には以下の端末が掲載されています。

iPhone 4、iPhone 4s、iPhone 5 A、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE

お持ちのiPhoneが掲載されていた方は、次のステップにおすすみください。

(掲載されていなかった方は残念ながら使えない可能性の方が高いです。)

ステップ2 あなたはiPhone端末をどこで買いましたか?

「動作確認済み端末一覧」にお持ちの端末が掲載されていた方は、その端末をどこで購入したか思い出しましょう(忘れている人はいないと思いますが)。購入先によりOCNモバイルONEですぐに使えるかどうか対応が変わってきます。

iPhone端末の購入先としては5つのパターンがあります。

  • ドコモで購入した
  • ソフトバンクで購入した
  • auで購入した
  • アップル等でシムフリー端末を新品で購入した
  • 中古の白ロムを購入した

ドコモで購入したiPhone端末

ドコモで購入したiphone端末は、OCNモバイルONEの格安SIMに対応しています。ですから、そのままOCNモバイルONEのSIMカードに入れ替えて使うことができます。SIMロック解除をする必要はありません。あとはステップ3をご確認ください。

ソフトバンクで購入したiPhone端末

ソフトバンクで購入したiPhone端末は、OCNモバイルONEの格安SIMに対応しています。ただし、SIMロックのかかっている端末はソフトバンクの店舗などでSIMロック解除の手続きをしておく必要があります。SIMロック解除の手続きについては、ソフトバンクのホームページで確認しておきしょう(ソフトバンクでは、解約後90日以内でないとSIMロック解除できないようです。すでにソフトバンクを解約している方はご注意くださいね)。あとはステップ3をご確認ください。

auで購入したiPhone端末

auで購入したiPhone端末は、残念ながらOCNモバイルONEの格安SIMには対応していないと考えましょう。特に音声通話ができない可能性があります。OCNモバイルONEで使うのは避けた方が無難です。

auの端末はドコモやソフトバンクの回線では使えない仕様となっていることがあります。理由は、auが3G回線(主に音声通話に使われています)にドコモやソフトバンクとは異なる規格「CDMA-2000」を使っているためです。ご存知かとは思いますが、OCNモバイルONEの格安simはドコモ回線を使っています。

auで購入したiPhone端末をお使いの方は、au回線の格安SIMを利用した方が良いかと思います。au回線の格安SIMには、mineoやiijmio、UQモバイルがあります。

アップル等で購入したSIMフリーのiPhone端末(新品)

アップルなどで最初からSIMフリーとして販売されている端末は、国内正規品のものであれば、OCNモバイルONEの格安SIMでも利用可能です。あとはステップ3をご確認ください。

白ロムのiPhone端末(中古品)

白ロム端末については、元々どこで販売されていたかがポイントです。中古のドコモ端末であれば、そのままOCNモバイルONEで利用可能です。ソフトバンクですと、SIMフリーになっていればOK(中古のソフトバンク端末を購入する場合は必ずSIMロック解除が済んでいるかどうかをチェックしてから購入しましょう)。一方でauですと、使えない可能性があります。

ステップ3 注意事項にも必ず目を通しておこう!

「データ通信専用SIM」やテザリングで使いたいと考えている方は、「動作確認済み端末一覧」の注意事項にも必ず目を通しておきましょう。端末によってはアンテナピクトの問題が発生したり、テザリングが使えなかったりします。

例えば、iOS 7.0.xでは「データ通信専用SIM」は通信NGとなることや、iOS 7.1ではテザリングが使えないといったことが書かれています。

必ずチェックしておきましょう!

iPhone端末で「データ通信専用SIM」を使う人は要注意!

iPhone端末で「データ通信専用SIM」を使うと、通信可能エリアでもアンテナピクト(アンテナのアイコンマーク)が表示されなかったり、「圏外」と表示されたりする場合があります。原因は「データ通信専用SIM」では携帯電話番号が付与されないためです。

解決策として「データ通信専用SIM」ではなく「SMS対応SIM」を選ぶ方法があります。もちろん「音声対応SIM」でもOKです。「SMS対応SIM」「音声対応SIM」では携帯電話番号が付与されるため、アンテナピクトや圏外表示の問題を回避できます。

裏技的な方法もあるようですが、うまくいくかどうかは未知数です。後になってやっぱり駄目だったとなると、SIMの変更手続きをしなくてはいけません。変更料金も発生してしまいますので、iPhoneユーザーの方は、「SMS対応sim」または「音声対応sim」を選んでおく方が良いかと思います。

最後に

動作確認済み端末一覧に掲載されていれば「すぐに使える!」と思いがちですが、そうではないのが格安SIMの難しいところです。基本的にドコモやシムフリー端末であればOK。ですが、ソフトバンクやau端末はシムロック解除が必要だったり使えるかどうかよく分からなかったり。不安な方はサポートデスクに電話して聞いてみると良いかと思います。

★SIMカードの選び方についてはこちらの記事もご覧ください。
失敗しないSIMの選び方!動作確認済み端末一覧ではココを必ず確認しよう!

OCNモバイルONEは初めての格安SIMでも安心です♪


★申し込みから開通までの手順はこちらをどうぞ

音声対応SIMカード申込み手順
データ専用SIM・SMS付きSIMカード申込み手順

最終更新日:2017.03.22