ドコモからOCNモバイルONEに乗り換え

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えは違約金0円になりました

docomo(ドコモ)からOCNモバイルONEに乗り換える際に気になるのが違約金(解約金)ですよね。

みなさんご存じのとおり(新聞にもでかでかと載っていましたね)、2021年10月1日よりドコモが解約金を撤廃しました

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換える場合、ドコモ側に違約金や解約金を支払う必要はありません◎

お得情報

【SIMカード】
事務手数料3,300円が無料!
↓「エントリーパッケージ」購入はコチラ↓

【スマホセット】
人気のスマホセットが格安で手に入ります!
↓オンラインストア限定セール↓

利用開始月無料
契約解除料無料

★「エントリーパッケージ」については以下参考にどうぞ

OCNモバイルONEの申し込みは事務手数料3,300円が無料「エントリーパッケージ」購入から開通までの手順

NTTドコモが「解約金」「解約金留保」を撤廃へ

ドコモが定期契約の料金プラン解約時に設定していた「解約金」について、2021年10月1日(金曜)から廃止となりました。料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても同様に廃止となります。

ドコモの解約金は、2019年10月以降に結んだ2年契約では税込み1100円、それ以前の旧プランの2年契約では1万450円、1年契約では3300円でした。これらがいずれもゼロになります。

つまり、ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換え時の違約金や解約金は必要なし=0円です。

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換え予定の方には朗報ですね。

詳しくはドコモの報道発表記事をご覧くださいね。

解約金や解約金留保の廃止及び定期契約の新規受付終了 <2021年9月21日>

なぜNTTドコモは「解約金」「解約金留保」を撤廃したの?

19年10月に施行された改正電気通信事業法で、解約金を1千円以下(税抜き)とするルールができました。ですが、ドコモは定期契約の満了まではプラン変更後の解約金請求を留保する「解約金留保」の制度を維持していました。

「解約金保留」について総務省から見直しを求められ、解約金の廃止にまで踏み込んだようです。

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換える際に違約金・解約金は本当に0円?

今回の解約金の撤廃はすべての方が対象です。といっても本当に?と不安な方もいらっしゃるかと思います。実際にご自分がドコモからOCNモバイルONEにMNP乗り換えした場合、解約金が0円になるのか確かめてみましょう。

ドコモの解約金についてはMy docomoで確認できます。

ホーム>お手続き> 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)と進みます。

次のページ「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)のお手続き」で実際にMNP乗り換えをした場合の解約金が表示されます。「0円(税込)」となっていることがご確認いただけるかと思います。

「スマホおかえしプログラム」はドコモ解約後も利用可能

「スマホおかえしプログラム」はドコモ解約後も利用できますよ◎「スマホおかえしプログラム」は対象機種を36回分割払いで購入し、24ヵ月以内に返却すると12回分の支払いが無料になるものです。ドコモ回線解約後も当プログラムを利用することができますよ。高額なスマホを同プログラムで購入した方もご安心くださいね。

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換えるベストタイミング

ドコモからOCNモバイルONEへ乗り換えるタイミングとして、月末月初でいえば、月末の方がおすすめです。

乗り換えのベストタイミングについて以下の記事を参考にしてみてくださいね。

OCNモバイルONEの申し込みベストタイミングは月末20日頃!利用開始月無料を考慮しよう

お得情報

【SIMカード】
事務手数料3,300円が無料!
↓「エントリーパッケージ」購入はコチラ↓

【スマホセット】
人気のスマホセットが格安で手に入ります!
↓オンラインストア限定セール↓

利用開始月無料
契約解除料無料

★「エントリーパッケージ」については以下参考にどうぞ

OCNモバイルONEの申し込みは事務手数料3,300円が無料「エントリーパッケージ」購入から開通までの手順

-ドコモからOCNモバイルONEに乗り換え

© 2021 MOBILE1.biz