OCNモバイルONEがつながらないエリアとは?ソフトバンクやau端末は要注意!

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが提供している格安SIM&スマホのサービス。NTT系列のブランドですから、信頼を置けますよね。乗り換えてみたいなと考えている方も多いでしょう。

でも、自分の住んでいる場所が通信エリア圏外だったらどうしよう・・・と不安に感じている方もいらっしゃるかと思います。

念のためOCNモバイルONEの通信エリアを紹介しておきますね☆

特にソフトバンクモバイルやauで購入したスマホ等をOCNモバイルONEでお使いになる予定の方はご注意ください。

OCNモバイルONEの通信エリア

OCNモバイルONEはNTTドコモの回線を使っています。通信エリアはNTTドコモと同じです。LTEサービス「Xi」と3Gサービス「FOMA」に対応しています。全国の人口カバー率は100%。日本全国、幅広いエリアで通信できますよ☆

ただし、注意点もあります。

ソフトバンクやau端末を利用する方は要注意!

ドコモで購入した端末や元々SIMフリーで国内販売されている端末は、通信エリアに関して問題ありません。ドコモユーザーと同じエリアで使えます。

一方、ソフトバンクやau端末をOCNモバイルONEのSIMカードで使う場合には注意が必要です。

というのも、そもそもスマートフォンやタブレット端末自体がドコモの電波を受信できない可能性があるからです。

こちらは各携帯会社と電波(周波数)の対応表です。

出典:総務省 http://www.soumu.go.jp/main_content/000385478.pdf

○が付いているところが各社違いますよね。各社それぞれ、自社が使っている周波数に合わせて、端末を調整しています。ですからソフトバンクやauの端末は、ドコモの電波を受信できない可能性があるのです。

なかでも、1.7GHz帯を受信できないau端末をOCNモバイルONEで使用すると、田舎や山間部でつながりにくいことがあるかもしれません。

なお、都市部で使用される方は心配しなくても大丈夫です。ドコモ、ソフトバンク、auの3社ともに都市部を中心に整備されている2.1GHz帯(バンド1)を使用しています。どの会社の端末も都市部では問題なく使用できます。

お使いの端末がどの周波数帯に対応しているか詳しくは、各機種の説明書をご確認くださいね。

OCNモバイルONEでは無料WI-FIスポットが充実しています◎

ちなみに、OCNモバイルONEの無料WI-FIスポットは充実していますよ。スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーなどのカフェ、ファミリーレストラン等、全国82,000カ所。

OCNモバイルONEの会員なら、ご利用のスマートフォンやタブレット、パソコン端末で簡単な接続設定をするだけでインターネットに接続できます。公衆無線LANなので、通信料金は無料です

OCNモバイルONEのSIMカードを入れていない端末でも利用できます。パスワードを入力するタイプの無料WI-FIなので、セキュリティ面でも安心です。

最後に

当然ですが、OCNモバイルONEのエリア内であっても「データ通信専用SIM」や「SMS対応SIM」は音声通話(090,080、070~)を利用できません。音声通話も楽しみたいと思っている方は「音声対応SIM」を選びましょう。

OCNモバイルONEは初めての格安SIMでも安心です♪


★申し込みから開通までの手順はこちらをどうぞ

音声対応SIMカード申込み手順
データ専用SIM・SMS付きSIMカード申込み手順

最終更新日:2017.04.24