OCNモバイルONEの気になる評判は?良い点・悪い点まで徹底解説!

OCNモバイルONEの格安simやスマホ。”OCN”ブランドの信頼とサービス面の充実が人気です。といっても、現在検討中の方にとっては他社と比べてどうなの?という点が気になりますよね。実際に使ってみた感想を交えながら、通信費の安さやつながりやすさ、サービス面でのメリットやデメリット等を解説していきます。

OCNモバイルONE

目次

OCNモバイルONEはどれくらい人気なの?

「OCNモバイルONE」はプロバイダサービス“OCN”で有名なNTTコミュニケーションズが運営する格安SIM・格安スマホのサービス。業界でもトップクラスの利用者数を誇り、MMD研究所の調査「2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査」では格安SIM利用者の割合が業界第2位となっています。ブランド力はもちろんですが、サービス面やサポート面の充実も人気の秘訣です。

スマホ料金はどれくらい安くなる?

OCNモバイルONEの料金プランではスマホ代が実際にどれくらい安くなるのでしょうか? まずは料金プランを見てみましょう。

料金プラン(税込み)

◎OCN光とのセット割引で以下の月額料金から200円引きとなります。

料金プラン 音声対応SIM SMS対応SIM データ通信SIM
110MB/日 1,728円 1,101円 972円
170MB/日 2246.4円 1,620円 1,490円
3GB/月 1,944円 1,317円 1,188円
6GB/月 2,322円 1,695円 1,566円
10GB/月 3,240円 2,613円 2,484円
20GB/月 5,238円 4,611円 4,150円
30GB/月 7,290円 6,663円 6,534円
500kbps(15GB/月) 2,700円 2,073円 1,944円

料金プランのうち、6GB、10GB、20GB、30GBの大容量は他社よりも安い料金で設定されています。また、プロバイダでOCNを利用されている方は、OCN光とのセット割引で月額料金から200円引きとなります。OCNユーザーには嬉しい割引ですね。

その他特徴としては、1日単位で容量制限のあるプランです(110MB/日、170MB/日)。このプランのメリットは、1日1日使用量を制限をしてくれる点です。ユーザーは1度にたくさんの容量を消費してしまうことなく、計画的に通信容量を使えます。1度に使いすぎてしまうのを防げますので特にお子さんには最適なのではないでしょうか。

OCNモバイルONE 自分に合った料金プランの選び方

OCNモバイルONEのSIMは3タイプ。
・「音声対応SIM」
・「SMS対応SIM」
・「データ通信専用SIM」
090~、080~、070~といった携帯番号を使った音声通話を楽しみたい方は「音声対応SIM」。SMSの送受信とインターネットは「SMS対応SIM」。インターネットだけを使いたい方は「データ通信専用SIM」を選択することになります。

格安SIMってやっぱり安い!携帯キャリアとの料金比較

MMD総研「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」によると、現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は、

大手携帯キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)ユーザーの平均が、7,876円

格安SIMに乗り換えるまでは私もこの価格でスマホを利用していました。今考えるとすごく高い料金を支払っていたんだなと思います。

OCNモバイルONEでは最も高額な30GB/月のプランでも7,290円。

実際に私はOCNモバイルONEの3G/月(1,944円を利用していますが、以前ドコモで契約していた時と比べ、月額で4,000円ほど節約できています。もっと早く乗り換えておけば良かったなと思います。

OCNモバイルONEの通信エリアと通信速度はどう?

料金面でのメリットは大きい格安SIM。一方で通信エリアや速度で不便な印象をもたれている方もいらっしゃるかと思います。OCNモバイルONEの通信エリアや通信速度はどうでしょうか?

通信エリア

ズバリ!通信エリアに関しては問題ありません。OCNモバイルONEはNTTドコモの回線を利用して格安通信を提供しています。ですから、NTTドコモが使えるエリアで音声通話やインターネットにつながります。

通信速度

通信速度に関しては、残念ながらドコモやソフトバンク、auには劣ってしまいます。格安SIMの最大のデメリットですよね。とはいえ、OCNモバイルONEの通信速度は格安SIM業界では標準的といえます。参考として ICT総研による調査「格安スマホ通信速度実測調査」の結果を引用して載せておきますね。

上り

出典: ICT総研「格安スマホ通信速度実測調査」

下り

出典: ICT総研「格安スマホ通信速度実測調査」

通信速度を優先したい方はワイモバイルやUQモバイルを使う方が良いといえます。ただし厳密に言うとこの2社は、いわゆる格安SIMの会社ではありません(料金も高めです)。

通信速度が少し遅いといっても、実際にはそれほど不便を感じる人はいないと思います。それよりも月額料金の安さは魅力ですよね♪

OCNモバイルONE

使って感じたOCNモバイルONEならではの良い点◎

契約プラン以上の容量を使える!

スマホを使っている方の多くは音声通話よりもインターネットを使ったLINEメッセージのやり取りやネットサーフィンを利用しています。気になるのは通信容量ですよね。使い過ぎてしまって途中で足りなくならないかなって、何となく不安になります。

実際に私も少ない容量のプランで契約すると途中で足りなくならないかなって心配でした。ですが、そんな心配も不要なほどOCNモバイルONEには通信容量を節約できるサービスがあります。契約プラン以上の容量を使えるということです。この点がOCNモバイルONEの最大のメリットといえます。

具体的などんなサービスなのか、紹介しますね。

◎ターボ機能で”低速モード”に!インターネット使い放題

”低速モード”であればインターネットを使い放題。専用アプリでボタンをタップするだけで、”高速モード”と”低速モード”に切り替えられます。”高速モード”は通常通り通信容量を消費しますが、”低速モード”は通信容量を消費しません。どの料金プランを選んでいてもOKです。

低速モードといっても、LINEメッセージ程度の通信はもちろんですが、YouTubeを見たり、ストリーミングでラジオ放送を聞いたりもできます。私が”低速モード”でよく利用しているのはNHKラジオ語学講座のストリーミング放送です。電車の中でちょこちょこ聞いています。この程度であれば容量を気にせず使えてとっても便利。他社には見られないOCNモバイルONEだけのサービスといえます。

ラジオ英会話をスマホで聴くなら格安sim「OCNモバイルONE」がおすすめ!

◎バースト転送機能で起動時のつながりにくさを解消♪

”低速モード”だと起動したときのスタートダッシュがつながりにくいんじゃないの?と思われる方もいらっしゃいますよね。そんな方はさらに「バースト機能」を利用しましょう。

容量の超過やターボ機能をオフ(=”低速モード”)にしているために高速通信が利用できない状態にあっても、通信をし始めた際の一定量は高速通信ができるんです。WebサイトやSNSの読み込みなど、最初のページやアプリ起動直後の画面などが表示される速度が改善。より快適に利用できますよね。

◎無料WiFiスポットの充実


無料wifiスポットも充実しています。全国82,000カ所のカフェ・駅・空港・ホテルなどで無料WiFiが利用できます。格安SIMを利用中の端末だけでなく、別の端末でも使えますよ。スマホでOCNモバイルONE利用中の方はノートパソコンで無料WiFiを使える感じですね。パスワード入力が必要なタイプですので、セキュリティも安心です。設定はとっても簡単です♪

◎マイポケットで大容量ファイルのダウンロードもカウントフリー

マイポケット(NTTコミュニケーションズのストレージサービス、1ID・128GB・月額324円)と連携すれば、大容量ファイルのダウンロードを行っても通信容量を消費しません。写真や動画などの容量の大きいファイルをダウンロードする機会の多い方やビジネス利用の方にはとてもお得なサービスです。

OCNモバイルONE

使い方に応じた便利なサービスもメリット◎

たくさん使う人、それほど使わない人、家族で使う人、一人で使う人、電話を使う人、それぞれの使い方に応じたサービスも充実しています。気になる方は以下をチェックしてみましょう♪

◎”直近3日の通信速度制限”なし

OCNモバイルONEでは”直近3日の通信速度制限”がありません。ユーザーは契約内の容量であれば一度にたくさん使っても、通信制限を受けずにすみます。「当たり前じゃん?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、格安SIMを提供する会社の多くが、直近3日間のデータ通信使用量により通信制限を設けています(例えば、IIJmio、DMM mobile、NifMo等)。3日で360MB前後の通信を容量を使ったユーザーに対し速度制限をする会社もある一方で、OCNモバイルONEはそういった通信制限を設けていません。ヘビーユーザーも安心して利用できますね。

◎使い切れなかった容量は自動で繰り越し

インターネットをあまり使わない人は容量を使い切れない場合もあるでしょう。1日単位のプランであれば翌日まで、月単位のプランなら翌月まで使い切れなかったデータ容量は自動で繰り越しされます。

◎格安で追加SIM&容量シェア

家族で使う人、複数の端末で使う人は「追加SIM」を利用するとお得です。1契約で最大5枚までSIMカードを保有でき、追加SIMは1枚・月額400円から利用可能◎。それぞれのSIMカードで容量をシェアしながら使えます。音声対応SIMを家族で利用される方は、050plusアプリで電話をかけあえば通話料無料ですから通話もお得に利用できますね(音声対応SIMなら050plusの月額料金は無料です)。

格安simを家族で使うならOCNモバイルONEの容量シェアがおすすめ!

◎OCNでんわ10分かけ放題オプション、050plusで通話料をお得に

電話の回数が多い人には通話料のお得なサービスも。

通常、スマホから電話をかけると20円/30秒の通話料をとられます。長電話や通話回数の多い人は通話料がそれなりにかかってしまいますね。ですが「OCNでんわ」アプリから電話をかければ通話料が10円/30秒となり、通常の半額ですみます。さらに「OCNでんわ10分かけ放題オプション」(月額918円)への加入で、10分以内なら何度でも通話料無料で音声通話を楽しめますよ♪

IP電話でも構わないという方は(IP電話は通話の品質がやや悪いです)、「050plus」(音声対応SIM:月額無料、データ通信SIM・SMS対応SIM:月額162円)を利用しましょう。アプリ同士の通話は通話料無料で利用できます。また、国内固定電話への通話3分8.64円、国内携帯電話への通話1分17.28円となり、IP電話にはなりますが格安です!

◎メールアドレスは全員もらえます

スマホアプリでも使えるメールアドレスをもらえます。「お好きなアカウント@***.ocn.ne.jp」のアドレスを1つもらえます。オプションでアドレスの追加も可能です。webメールとしてブラウザでも送受信できるほか、Eメールアプリを使えばアプリ内でも利用できます。

◎開通月の月額料金が無料♪

「どの料金プランを選んでいいか分からない!」という方もいらっしゃいますよね。そんな方にも安心なのが初月無料のサービスです。最初の月は月額料金が無料ですから、容量多めで契約して様子をみることができます。容量が余ってしまうようであれば、月内にプラン変更をすればOK。翌月からは新しいプランが適用されます。

使って分かったOCNモバイルONEの悪い点△

全体的に他社よりも月額料金が安くサービス面も充実しているOCNモバイルONE。ですが、「3GB/月以下の容量でいい」というあまり使わない派のユーザーにはちょっと割高です。私が感じる、唯一のデメリットですね。

△1GB/月プランがない

インターネットをあまり使わない方は、110MB/日、170MB/日、3GB/月の少量プランでも多すぎることも。1GB/月のプランがあったらいいのになと思います。

△3GB/月プランの料金が高め

格安SIMユーザーのなかでも一番利用者の多い”3GB/月”。月額料金が他社よりも200円ほど高いです。その分、3GB/月を超えるプランは他社より安いんですけどね・・・。ただし、プロバイダでOCN光を使っている方は200円引きになりますので問題ないかと思います。

OCNモバイルONEの評判や口コミは?

実際に使っている方の口コミを見てみましょう。

良い評判・口コミ

 

【速度】
・バースト機能の効果があるせいか低速時でもけっこう使える。速度も安定している。
・OCNモバイルONEだからといって極端に速度が遅い感じはしない。他社と比較して体感差はない。スピードも十分。
・だいたいつながっている。特に困るレベルではない。
・通話も良くつながる。不便はない。
・低速制限時は他社より安定している。

【料金】
・音声対応SIMを契約すると050番号が無料でもらえる。SIM追加をして2台で使っても以前契約していたY社の料金より安い。
・050plusを使うと090番号でかけるよりもかなり料金が安い。3分8円で通話でき、より節約している感がある。

【機能面】
・”低速モード”でもユーチューブを見ることができるのはいい。
・3日間の通信量制限がなくて良い。
・日々の使用量をアプリで確認できるのが良い。
・専用アプリにより速度切替が可能であるため、大変重宝している。

 

悪い評判・口コミ

 

【速度】
・格安SIM全般に言えることだが昼と夜の混雑時は非常に遅い。
・平日昼、夕方18~19時台の時間帯に速度が遅いときがある。
・バースト転送機能は体感できるほどではない気がする。

【その他】
・開通までの手順が少しわかりにくい。

口コミをまとめてみると・・・

平日や昼や夕方の混雑する時間帯につながりにくくなることはあるものの、全般的には満足との意見が多かったです。評価を得ていたのは”低速モード”の通信品質、”追加SIM”や”050plus”の料金など。各種サービスを上手に使いこなすのがポイントと言えるでしょう。

OCNモバイルONE

気になる最低利用期間・違約金は他社と比べてどう?

口コミ・評価をひと通り見ていただいた後は、最低利用期間と違約金です。

OCNモバイルONEの最低利用期間・違約金は他社と比べてどうでしょうか?

SIMタイプ OCNモバイルONE (一例)楽天モバイル
最低利用期間 違約金  最低利用期間 違約金
音声対応SIM 半年  8,000円  1年 9,800円
*データ通信専用SIM・SMS対応SIMの場合、最低利用期間と違約金は発生しません。

OCNモバイルONEの最低利用期間は半年、違約金は8,000円です。これは他社に比べユーザーの負担が少ない期間・金額となっています。というのも、格安SIMの一般的な最低利用期間は1年、違約金は概ね9,500円ほどです。OCNモバイルONEの最低利用期間・違約金は、初めて格安SIMを利用される方もスタートしやすい内容なのではないでしょうか。

開通までにどれくらいの日数が必要?

実際に使うとなると、どれくらいの日数で開通できるのか気になりますよね。SIMの郵送が必要ですので地域にもよりますが、

  • 音声対応SIM:1週間
  • データ通信専用SIM・SMS対応SIM:2~4日

くらいを見ておけば良いです。

開通までのスケジュール感

スケジュール感としては以下の通りです。開通月は月額料金無料です。上手にスケジュールを組めばお得に利用できる期間が長くなりますよね。

日数 音声対応SIM データ通信SIM
1 SIMパッケージの購入 SIMパッケージの購入
2   (郵送)   (郵送)
3
4 ・SIMパッケージの受取
・オンライン申込
・SIMパッケージの受取
・オンライン申込
開通
5   (郵送)
6
7 ・音声SIMの受取
・MNP転出・転入
開通

開通月の月額料金無料について、どの日に申し込んだら一番得かという記事も書いていますので興味のある方はどうぞ。

OCNモバイルONEに契約申し込みをする日はいつが一番得か?

OCNモバイルONEの格安スマホのラインナップは?

SIMカードだけでなく、スマートフォンを購入したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。OCNモバイルONEは人気の格安スマホを広く取り揃えています。1万円台の超格安のタイプから3万円台のハイスペックのタイプまで様々な使い方に対応できるラインナップです。なかでも人気の格安スマートフォン端末をいくつか紹介しますね!

【新商品】HUAWEI nova lite ~高コスパが魅力!3万円以下ならコレ!~

端末価格:21,384円(税込)
24ヶ月分割払いOK♪

HUAWEI nova liteは3万円以下で買えるスマートフォンの中でも特にコストパフォーマンスに優れた機種です。電池容量は3000mAhと大容量で、バッテリーの持ちが良いです。CPUは中上級クラスというところ。一般的な使い方をする人であればパーフォーマンスに不都合を感じることはありません。高性能カメラを搭載し暗いところでも割と明るく撮れます。3万円以下でこれだけの機能を備えたスマホは今のところHUAWEI nova liteだけと言えるでしょう。

ZenFone3 (ZE520KL) ~SIMを2枚挿入可能!高スペック格安スマホ~

端末価格:42,984円(税込)
24ヶ月分割払いOK♪

ZenFone3 (ZE520KL)はSIMカードを2枚差し込める格安スマートフォン。携帯キャリアのガラケーと格安SIMのスマホを2台持ちしている方はZenFone3なら1台にまとめることが可能です。CPUは格安スマホの中ではハイクラスと言えるでしょう。価格.comでも上位に位置する人気機種です。

arrows M03~おサイフケータイ、ワンセグ、防水機能を搭載の国産スマホ~

端末価格:35,424円(税込)
24ヶ月分割払いOK♪

arrows M03は、FUJITSU製の国産スマートフォン。日本で使いやすいきめ細やかな機能を搭載しています。おサイフケータイやワンセグに対応。お風呂でも使いやすい防水機能もついています。省エネ性能が非常に高く、バッテリーの持ちが良いのも魅力の一つです。

OCNモバイルONEでは割引などのキャンペーンがある?

不定期ですが、月額料金割引やデータ容量増量などのキャンペーンが行われています。最新のキャンペーン情報はこちらのページをチェックしてみてくださいね☆

現在開催中のキャンペーンを見てみる!

OCNモバイルONEは初めての格安SIMでも安心です♪


★申し込みから開通までの手順はこちらをどうぞ

音声対応SIMカード申込み手順
データ専用SIM・SMS付きSIMカード申込み手順

最終更新日:2017.03.23